手順をきちんと踏もう

サイトなどのコンテンツを充実させ、見込み客を惹きつけ、そして購入へと導くという手法がコンテンツマーケティングです。ただ、この手法にも手順というものがあり、それを行うことでより効率的で効果的な運営となります。そのためには、購買サイクルというものを理解する必要があるのです。

購買サイクルには、「認知」「興味」「検討」「購入」「継続」「応援」というステージがあり、その各ステージにおいて、最適なコンテンツを提供することでこのコンテンツマーケティングが初めて生かされることになるのです。ブログやSNSにより「認知」してもらい、その後メールマガジンやランディングページなどで「興味」をもってもらい、「検討」した上で「購入」となるのです。

また、購入してもらっただけで、顧客との関係を終わらせるのではなく、その商品やサービスについての詳細や使い方などを発信し、企業を信頼してもらい「継続」へ繋げます。こうしてリピーターとなった顧客に対しては、特別なイベントや催しへの招待などで「応援」というステージへと導いていくのです。コンテンツマーケティングは、コンテンツを通して顧客へ最大のサービスを提供するというもので、手法は違えど、どのビジネスにおいてもこの考え方はその根幹をなすものと言えるでしょう。

広告とコンテンツマーケティングの違い

コンテンツマーケティングと呼ばれる手法は、海外で広がり、近年日本でも広がりを見せつつある、これからのマーケティングの主流となるものです。では、なぜこのコンテンツマーケティングが注目され、そしてどういった特徴があるのでしょう。

コンテンツマーケティングは、見込み客をサイトのファンにし、そこから商品やサービスの購入に繋げるマーケティング手法のことです。この見込み客を惹きつけることが重要で、その手段として、コンテンツの充実が必須となるためコンテンツマーケティングと呼ばれています。ブログや動画でのアピールの他に、SNSやインフォグラフィックなどを利用し、見込み客を自社サイトに惹きつけていくわけです。

このコンテンツマーケティングは従来の広告型と違い、初期投資や維持費が格段に抑えられるという特徴があります。今までのマス広告は不特定多数へのアプローチだったため、規模的にも費用的にも大掛かりになり、費用対効果も悪いため企業としてはそこに限界を感じていました。しかしこのコンテンツマーケティングは自社で対応できるうえ、ピンポイントで見込み客を獲得できるというメリットがあり、そのため費用も格安となるのです。こうした違いに各企業は敏感に気づき、今まさにコンテンツマーケティングが爆発的な広がりを見せつつあるのです。

コンテンツマーケティングはどんなもの?

近年、コンテンツマーケティングという言葉をよく聞いたり見たりするようになりました。アメリカで急速に広がりをみせたこの手法は、日本でもようやく認知され、そしてアメリカと同様に大きな広がりをみせつつあるのです。このサイトでは、このコンテンツマーケティングについて説明します。

コンテンツマーケティングは、その名の通りコンテンツに重点を置くマーケティングです。ブログやSNS、あるいはメールマガジンなど、自社の情報を発信する手段は数多くあります。しかし、その内容、つまりコンテンツが薄っぺらなものだと、誰の興味も惹くことはありません。見込み客を確実に自社サイトのファンへ育て上げるためには、やはり充実したコンテンツがとても大切になるのです。

このコンテンツマーケティングは、従来の広告型のマーケティングと違い、客層をかなり絞ったマーケティングになります。マス広告が不特定多数への発信であるため、どうしても経費の負担が大きくなってしまいます。しかし、このコンテンツマーケティングは経費が抑えられ、しかも興味をもつ人が訪れるため、効果も飛躍的にあがるのです。ただ、気を付けるべき点として、やはり手順をきちんと踏む必要があります。購買サイクルと呼ばれるものがあり、その各ステージで、それにあったコンテンツを発信することが重要となるのです。顧客の望むものを、望むタイミングで提供する。こういった手法は実は真新しいものでもなく、基本的なものです。コンテンツマーケティングはビジネスの基本を思い出させてくれるものかもしれません。