広告とコンテンツマーケティングの違い

コンテンツマーケティングと呼ばれる手法は、海外で広がり、近年日本でも広がりを見せつつある、これからのマーケティングの主流となるものです。では、なぜこのコンテンツマーケティングが注目され、そしてどういった特徴があるのでしょう。

コンテンツマーケティングは、見込み客をサイトのファンにし、そこから商品やサービスの購入に繋げるマーケティング手法のことです。この見込み客を惹きつけることが重要で、その手段として、コンテンツの充実が必須となるためコンテンツマーケティングと呼ばれています。ブログや動画でのアピールの他に、SNSやインフォグラフィックなどを利用し、見込み客を自社サイトに惹きつけていくわけです。

このコンテンツマーケティングは従来の広告型と違い、初期投資や維持費が格段に抑えられるという特徴があります。今までのマス広告は不特定多数へのアプローチだったため、規模的にも費用的にも大掛かりになり、費用対効果も悪いため企業としてはそこに限界を感じていました。しかしこのコンテンツマーケティングは自社で対応できるうえ、ピンポイントで見込み客を獲得できるというメリットがあり、そのため費用も格安となるのです。こうした違いに各企業は敏感に気づき、今まさにコンテンツマーケティングが爆発的な広がりを見せつつあるのです。